So-net無料ブログ作成
検索選択
幼少時代 ブログトップ
前の5件 | -

質量を微分する [幼少時代]

結論:質量を微分すると「加速度=0」が得られる。

前提:数学に、微分法というのがある。
   一般に速度を微分すると加速度が得られるとされる。
   また、質量とエネルギーについて「特殊相対性理論」 E=mc2の関係が成り立つ。

プロセス:「E=mc2」すなわち「m=E/c2」と表せる。
      仮定ではあるがこれを「m=Ec2Hz」とする。

等速度運動:質量「m」を微分すると言うことは右項の「Ec2Hz」を微分することと同等である。
       「c」は等速であるので二乗もやはり等速になる。
       右項は「等速度運動」を表している。

微分:速度を微分すると加速度が得られる。
    (等速度運動するものには、外力が加わらない限り(つまり加速度が加わらない限り)同じ速度で運動
    し続けるか、もしくは静止し続ける。)「運動の第一法則」
    すなわち、右項の等速度速度の微分の結果は「加速度=0」となる
    
仮説:もし仮に質量「m」を微分するならば、結果は「加速度=0」が得られる。
   すなわち、質量「m」は「等速度運動性質」を持っていることが言える。 




運動の第一法則 [幼少時代]

運動の第一法則

「等速度運動」

1.物体は、外力が加わらない限り、同じ早さで運動しているものは同じ早さで運動し続ける。
2.物体は、同じく外力が加わらない限り静止ししているものは静止し続ける。

これを総じて端的に言い表すと用語として「慣性」と表現される。

地球の自転、公転は、この「慣性」によるもので、減速したり、加速することはない。

人が、地球に立っていて、かなりのスピードで回転しているがそれを感じないのは、「等速度運動」しているから、すなわち「加速がない」からである。

                                          平成23年9月15日

岸田 森! [幼少時代]

人気ブログランキングへ



8 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
岸田森!, 2004/12/4

レビュー対象商品: DVD 怪奇大作戦 Vol.1 (DVD)

円谷のヒューマンドラマである。
怪奇事件をSRIが科学の力で解決していく物語で、内容はとてもシリアス
怪獣も出てこなければお化けも出てこないのだが、怖い。
文明とは何か。社会とは何か。人間の醜い部分を赤裸々に描いている。
わたしは、今は亡き岸田森さんの役柄がとても好きな作品です。

コメント | 固定リンク

http://youtu.be/_fhtnwIbiB8

よく小学校で、「怪奇大作戦」のまねをして遊んでいた覚えがあります。
楽しかったな~


ウルトラセブンのヒロインとして [幼少時代]

人気ブログランキングへ



10 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
ウルトラセブンのヒロインとして, 2004/12/4

レビュー対象商品: セブンセブンセブン―アンヌ再び… (小学館文庫) (文庫)
「セブンセブンセブン-わたしの恋人ウルトラセブン」の文庫版です。
ひし美さんやっぱり、思い入れがとてもあるんだな~。アンヌ役をやっていく上でのおもしろおかしいエピソードをつづっています。
内容は言わずしても、単行本と違うのは、発刊が新しいので後書きが違います。
アンヌ(ひし美ゆり子)さんの本当の姿をまず知りたい人は、手軽でいいかもしれません。

コメント | 固定リンク

なんだか、本が無性に読みたかったときに、この本に出会いました。
本を読み出したきっかけを作ってくれたのが、小さい頃好きで好きでたまらなかった、「ウルトラセブン」の本(当時は「絵本」を持っていた)でありました。
その当時を思い出して、ほんのりした一冊です。
今でも、「ウルトラセブン」放送の当時がなつかしくてたまらないのです。

セブンセブンセブン-私の恋人ウルトラセブン [幼少時代]

人気ブログランキングへ



10 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
アンヌは飲んべい?, 2004/12/2

レビュー対象商品: セブンセブンセブン―わたしの恋人ウルトラセブン (単行本)
エッセイなんですが、面白い。
劇団に入ったいきさつや、アンヌに抜擢されたエピソード
なんだか、ウルトラセブンの撮影打ち上げでは、ひし美さんは飲んだくれていたようです。やはりひし美さんの「ウルトラセブン・アンヌ隊員」という強烈な思いで・思い入れがあったのでしょう。
表紙の写真もかっこいいので、私は買いました。

コメント | 固定リンク

これもまた、何とも個人的な想いを当時書いていたようです。
子どもの頃と違って、自分が大人になってみてわかる点もあったのでしょう。
ああ、恥ずかしい。[モバQ]




前の5件 | - 幼少時代 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。