So-net無料ブログ作成
検索選択

運動の第一法則 [幼少時代]

運動の第一法則

「等速度運動」

1.物体は、外力が加わらない限り、同じ早さで運動しているものは同じ早さで運動し続ける。
2.物体は、同じく外力が加わらない限り静止ししているものは静止し続ける。

これを総じて端的に言い表すと用語として「慣性」と表現される。

地球の自転、公転は、この「慣性」によるもので、減速したり、加速することはない。

人が、地球に立っていて、かなりのスピードで回転しているがそれを感じないのは、「等速度運動」しているから、すなわち「加速がない」からである。

                                          平成23年9月15日

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。