So-net無料ブログ作成

日本が元気があったころ

人気ブログランキングへ




11 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 日本が元気があったころ, 2005/5/12


レビュー対象商品: キャラメルママ(紙ジャケット仕様) (CD)
豪華メンバーのセッションです。
ドライブ感がいいので乗りがオールドタイプとはいえども、今でも通じるパワーを感じます。
LP盤が出たときは私は大学に通っていて、レコードが欲しかったのですが金銭的な問題で手に入れることができませんでした。リマスターもとてもよく、クオリティーが高い仕上がりになってとても喜んでいます。良かった。
軽いポップスと言うよりは、計算されたセッションをくんでいるように思えます。
一所、ちまたではこのアルバム伝説的なものと称されているようです。
70年代に日本のロックを形作った、エポックメイキング的な作品に仕上がっています。
聞いていて、のんびりできてとても心地いいサウンドに仕上がっています。
「ティン・パン・アレー」の代表的な意欲作になっていると思います。
興味のわいた方、是非1枚いかが?おすすめします。

コメント | 固定リンク

http://youtu.be/d0QAODiaO8g

こんなのも聞いていました。
大学生の時は、秋葉原「石丸電気」でレコードを物色していたことを憶えています。
そのころ、日本は活気づいていました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。